時効と返済中の請求

借金は、すでに完済していても、安心して業者に取引情報の開示を求めることができます。ただし、過払い金の請求をするには、完済後10年以内という時効が設けられているという点に注意する必要があります。クレジットカードの更新や返済継続の間は、時効が進むことはありません。したがって、借り入れをしてから10年が経過していても、現在も返済の途中であれば、時効を気にする必要はありません。

しかし、完済してから、再び借金をせず、10年経ってしまうと、残念ながら時効が成立し、過払い金は消滅しているため、返還要求をすることはできません。そのように、過払い金の請求をする際には、時効が成立したり、業者が破たん・倒産したりする前に、できるだけ迅速にアクションを起こすことが重要です。

また、完済する前に、返済の途中で過払い金の返還請求をすることは可能か、という問題もあります。この場合には、2つのパターンがあります。1つ目は、過払い金で借入残高が相殺され、完済できるケースで、こちらは過払い金返還請求扱いとなります。そして、もう1つは、過払い金が返還されても借金が残る場合で、こちらは任意整理の扱いとなり、ブラックリストに載ってしまうので、注意する必要があります。

過払い金の返還要求

以前に消費者金融から借金をしていて、業者によって定められた、法低金利よりも高い約定利息で完済している場合、過払い金が発生していることとなります。さらに、過払い金には5%の利息がついているので、どうせなら全額の返還を目指してアクションを起こしましょう。

ただ、過払い金の返還を要求するのは、すでに終わっていることを蒸し返すような気がして、引け目に感じる方がいらっしゃるかも知れません。しかしながら、過払い金の返還要求は、現時点における借り入れの有無にかかわらず、行なうことが可能になります。また、消費者金融業者は、利息制限法の定める利息だけでも、十二分に利益を得ています。したがって、借金が完済している場合にも、何ら消極的になる必要はありません。それどころか、相手を懲らしめてやるぐらいの強い気持ちで臨むことが必要となります。

また、すでに完済している借金の取引経過について業者に問い合わせても、情報を開示してくれないのではないか、という疑問を持つ方がおられるかも知れません。しかし、消費者金融業者には、取引経過の開示義務があり、完済後もその義務は残存します。また、完済した後に、過払い金の返還要求を行なっても、ブラックリストに載ることはありません。個人で請求するのがどうしても不安、という方の場合は弁護士などの専門家に依頼すると心強いかもしれませんね。

借金返済に関する情報

2006年に、最高裁でグレーゾーン金利の撤廃が決定され、過払い金の返還請求が認められました。その後、2007年には貸金業法が改正されました。それによって、大手貸金業者は相次いで金利の引き下げを行ないました。そういった経緯から、以前にグレーゾーン金利で借金をしていた人には、過払い金が発生していることとなります。過払い金の請求は、完済後10年が経過すると時効が成立し、できなくなってしまうので、対象者に該当すると思われる方は、とにかく急いで行動を起こす必要があります。

借金の完済後に過払い金の返還要求をするのは、当然の権利として法律で認められています。また、法低金利だけでも、業者には十二分の利益がもたらされています。よって、過払い金の請求に際して遠慮する必要は全くありません。そして、すでに完済した借金の取引経過についても、業者には情報の開示義務があるほか、完済後に過払い金請求をしても、ブラックリストには載りませんので、どうぞご安心下さい。その他に、完済前、返済中に過払い金の請求をする事例には2種類あり、1つは過払い金請求として認められ、借金が完済しますが、もう1つは任意整理扱いとなり、ブラックリストに載ってしまうので、気をつける必要があります。

当サイトでは、過払い金の返還要求に関する情報をご提供します。借金をした経験があり、過払い金請求の権利があると思われる方は、是非チェックして、実生活の中で役立ててみて下さい。