時効と返済中の請求

借金は、すでに完済していても、安心して業者に取引情報の開示を求めることができます。ただし、過払い金の請求をするには、完済後10年以内という時効が設けられているという点に注意する必要があります。クレジットカードの更新や返済継続の間は、時効が進むことはありません。したがって、借り入れをしてから10年が経過していても、現在も返済の途中であれば、時効を気にする必要はありません。

しかし、完済してから、再び借金をせず、10年経ってしまうと、残念ながら時効が成立し、過払い金は消滅しているため、返還要求をすることはできません。そのように、過払い金の請求をする際には、時効が成立したり、業者が破たん・倒産したりする前に、できるだけ迅速にアクションを起こすことが重要です。

また、完済する前に、返済の途中で過払い金の返還請求をすることは可能か、という問題もあります。この場合には、2つのパターンがあります。1つ目は、過払い金で借入残高が相殺され、完済できるケースで、こちらは過払い金返還請求扱いとなります。そして、もう1つは、過払い金が返還されても借金が残る場合で、こちらは任意整理の扱いとなり、ブラックリストに載ってしまうので、注意する必要があります。